国内外ニュース

救急搬送患者の延命中止36% 「終末期」で医師提案

 救急搬送された終末期患者に関する医療チームの提案  救急搬送された終末期患者に関する医療チームの提案
 死期が迫った状態で救急搬送された患者について、日本救急医学会が過去5年半の間に医師から報告された159件を調べたところ、医師側が患者の家族に延命治療の中止を提案したケースが36%に当たる57件に上ることが15日、分かった。

 いずれも複数の医師らによる医療チームが、回復の見込みがない「終末期」に該当する患者かどうか判断した上で延命中止を提案しており、57件のうち48件(84%)でチームの中止方針と家族の意向が一致した。残り9件では家族の意向は中止ではなかったが、積極的な回復治療は求めなかった。最終的な処置は57件の大半で医師側の提案通りになったという。

(11月15日8時46分)

医療・健康(11月15日)