国内外ニュース

東京円、一時108円台前半

 15日午前の東京外国為替市場の円相場は米大統領選で勝利したトランプ氏の経済政策への期待感などから円安ドル高が進み、一時1ドル=108円台前半を付けた。東京市場で108円台をつけたのは6月初旬以来、約5カ月ぶり。

 午前10時現在は、前日比34銭円安ドル高の1ドル=107円98銭~108円00銭。ユーロは13銭円安ユーロ高の1ユーロ=116円20~24銭。

 トランプ氏が掲げる公共投資拡大といった景気刺激策で投資家の積極姿勢が強まり、安全資産とされる円を売ってドルを買う動きが優勢だった。

(11月15日10時25分)

経済(11月15日)