国内外ニュース

首相、東アジア経済連携に軸足も TPP進まぬ場合

 参院TPP特別委で答弁する安倍首相=15日午前  参院TPP特別委で答弁する安倍首相=15日午前
 安倍首相は15日の参院環太平洋連携協定(TPP)特別委員会に出席し、アジア太平洋地域の経済圏づくりを巡り、TPPの発効手続きが進まなければ、東アジア地域包括的経済連携(RCEP)に軸足が移るとの見方を示した。同時に、RCEPでは、TPPほどに国有企業への制限や知的財産権の保護が可能になるのかと疑問も呈した。

 安倍首相は「RCEPは米国が入っていない。最大の国内総生産は中国になる」と指摘した。その上で「TPPの目的や意義について世界に発信する。米国にも発信していく。今の保護主義の流れを変えていく」と述べ、TPPの承認を米国に促す考えをあらためて示した。

(11月15日10時56分)

経済(11月15日)