国内外ニュース

NZ被災地、観光客ら脱出本格化 孤立の南島カイコウラ

 14日、ニュージーランド・カイコウラ近くで、地震による崖崩れで遮断された道路(ロイター=共同)  14日、ニュージーランド・カイコウラ近くで、地震による崖崩れで遮断された道路(ロイター=共同)
 【クライストチャーチ共同】2人が死亡したニュージーランドの大規模地震発生から丸1日が過ぎた15日、政府は軍のヘリコプターも動員し、崖崩れなどによる幹線道路遮断で孤立した南島カイコウラから足止めされた観光客ら約千人を脱出させる作業を本格化させた。全員の脱出には数日かかるとみられているが、悪天候に阻害される恐れもある。

 地元メディアによると、15日までにカイコウラから6人の重傷者が搬送されたほか、18人がけがの手当てを受けた。カイコウラは上下水道が機能せず、水は3日分しかないとされる。救援物資を積み、現地に向かっている揚陸艦が到着するのは16日の見通し。

(11月15日11時00分)

国際(11月15日)