国内外ニュース

97歳の時宗法主が運転免許返納 軽トラ集団登校事故に「心痛め」

 運転免許証を返納し、神奈川県警藤沢署の加藤秀雄署長(左)から運転経歴証明書のレプリカを受け取る他阿真円上人=15日午前、同署  運転免許証を返納し、神奈川県警藤沢署の加藤秀雄署長(左)から運転経歴証明書のレプリカを受け取る他阿真円上人=15日午前、同署
 横浜市で87歳の男の軽トラックが集団登校中の児童の列に突っ込んだ事故に心を痛めたとして、一遍上人から数えて74代目の時宗法主に当たる他阿真円上人(97)が15日、神奈川県警藤沢署を訪れ、運転免許証の返納式に臨んだ。

 上人は加藤秀雄署長に運転免許を直接返納し、その後、署員や参加した神奈川県藤沢市内の高齢者に交通安全について講話。

 時宗総本山の遊行寺(藤沢市)によると、上人は今回の事故を知り、加齢による判断の遅れなどで思わぬ事故を起こしかねないと痛感。「自ら免許を返すことで高齢者が返納するきっかけにしたい」と話している。

(11月15日12時11分)

暮らし・話題(11月15日)