国内外ニュース

首都高で政府主導の自動走行実験 来年度から

 内閣府は15日、車の自動走行システムの大規模な実証実験を来年9月ごろから2019年3月にかけて、首都高速道路や一般道などで実施すると発表した。

 内閣府によると、国内の自動車や部品メーカー、大学などが参加。海外の自動車メーカーにも参加を呼び掛ける。首都高や東名、新東名などの高速道約300キロの区間と、東京臨海地域の一般道、経済産業省が整備中のテストコースで実施する予定。沖縄県では路線バスの実験を行う。

 カーブや分岐点、合流点といった道路形態を反映させた高精度な3次元地図データを用いた走行などを実験する。

(11月15日12時21分)

暮らし・話題(11月15日)