国内外ニュース

博多の陥没、大成建設社長が謝罪 福岡で会見「申し訳ない」

 JR博多駅前の道路大規模陥没事故について謝罪する大成建設の村田誉之社長(手前)ら=15日午後、福岡市役所  JR博多駅前の道路大規模陥没事故について謝罪する大成建設の村田誉之社長(手前)ら=15日午後、福岡市役所
 JR博多駅前の道路大規模陥没事故で、原因となった福岡市営地下鉄延伸工事を請け負った共同企業体(JV)代表、大成建設の村田誉之社長が15日、同市で記者会見し「市民や関係者を心配させた。迷惑をお掛けし申し訳ない」と謝罪した。

 市役所で開いた会見で村田社長は、事故の根本的な原因に関し「施工者としても、全社を挙げて迅速に究明に取り組む」と述べた。同席した同社の田中茂義土木本部長は「局所的に(地盤に)異常な部分があったと考えるのが自然だ」との見方を示した。

 事故は8日発生。市がライフラインや道路の復旧を急ぎ、事故から1週間となった15日早朝、道路の通行が再開した。

(11月15日17時30分)

社会(11月15日)