国内外ニュース

子宮頸がん研究、不正認められず 信州大、ワクチン副作用で

 記者会見する信州大調査委員会の前田雅英委員長=15日午後、長野県松本市  記者会見する信州大調査委員会の前田雅英委員長=15日午後、長野県松本市
 信州大の池田修一教授が厚生労働省研究班の代表として実施した子宮頸がんワクチンの副作用に関する研究で不正が指摘されていた問題で、外部有識者による信州大の調査委員会は15日、「不正行為は認められない」との結論を公表した。

 池田教授は3月、厚労省の会合で、免疫の異常を起こしやすくしたマウスに子宮頸がんワクチンを接種すると、神経細胞を攻撃する抗体が作られたと発表。雑誌で「都合の良いデータを選んでいる」と指摘された。

 調査対象は池田教授と研究者2人。実験ノートを回収して調べるなどした結果、データの捏造や改ざんはなかった。

(11月15日18時05分)

医療・健康(11月15日)