国内外ニュース

高速鉄道、費用効果を重視 マレーシア首相が来日

 マレーシアのナジブ首相(AP=共同)  マレーシアのナジブ首相(AP=共同)
 【シンガポール共同】マレーシアのナジブ首相は15日の来日に合わせて共同通信の書面インタビューに応じ、日中などが受注を競い、来年に入札が予定されているマレーシアとシンガポールを結ぶ高速鉄道計画について「安全性が最優先だが、マレーシアにとって過去最大のインフラ事業なので費用効果が鍵となる」との考えを示した。

 マレー半島高速鉄道計画はマレーシアの首都クアラルンプールとシンガポール間の約350キロを最短1時間半で結ぶプロジェクト。総事業費は推定600億~650億リンギット(約1兆5千億~1兆6千億円)とされる。

(11月15日18時21分)

国際(11月15日)