国内外ニュース

ドコモ、ドローン買い物代行実験 通信で長距離運搬可能に

 小型無人機「ドローン」による買い物代行サービスの実証実験で、商品の入った箱を運ぶドローン=15日午後、福岡市西区  小型無人機「ドローン」による買い物代行サービスの実証実験で、商品の入った箱を運ぶドローン=15日午後、福岡市西区
 NTTドコモは15日、携帯電話のネットワークを活用し、長距離の飛行を可能にした小型無人機「ドローン」による買い物代行サービスの初の実証実験を、福岡市西区の能古島で始めた。2018年度中の実用化を目指す。離島などの過疎地で食料品などの運搬に活用し、高齢者ら「買い物難民」の解消につなげる。

 ドローンは幅と奥行きがともに1メートル、高さ50センチでスマートフォンを搭載。制御用パソコンで経路を設定するなどして長距離飛行が可能となった。飛行中は機体に付けたカメラの映像や位置情報も確認できる。これまでは目視できる限定的な範囲での飛行が主流だった。

(11月15日19時55分)

暮らし・話題(11月15日)