国内外ニュース

復刻版ファミコン、26万台販売 発売4日間、出足好調

 ゲーム雑誌「ファミ通」は15日、任天堂の新しいゲーム機「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」の国内販売台数が10日の発売から4日間で26万2961台に達したとの推計を発表した。店頭では品薄状態で、好調な滑り出しとなった。

 ゲーム機は1983年発売の家庭用ゲーム機「ファミリーコンピュータ」を手のひらサイズで復刻し往年の人気ゲーム30作品を内蔵。当時を懐かしむ世代を中心に注目を集めている。

 ファミ通は年末商戦でさらに需要が高まると分析している。

 任天堂の広報担当者は「年末商戦に向け、できるだけ多くのお客さまに届けられるよう努める」としている。

(11月15日21時10分)

経済(11月15日)