国内外ニュース

児童3人はねられ1人重体、宮崎 信号機のない横断歩道で

 15日午後5時40分ごろ、宮崎市大塚町鵜ノ島の市道で、同市在住の小学校2~3年の男児3人が、軽乗用車にはねられた。宮崎南署によると、小2の男児(8)が頭を強く打ち、意識不明の重体。小3男児(9)は右脚を骨折し重傷、別の小2男児(8)は、額に軽い切り傷を負った。

 市道は片側1車線の直線。3人はサッカークラブに所属し、近くの河川敷グラウンドで練習していた。休憩中に道路の向かい側にある公衆トイレに行くため、信号機のない横断歩道を渡る際に事故に遭った。

 同署は、自動車運転処罰法違反の疑いで、軽乗用車を運転していた宮崎県国富町の女性(23)から事情を聴いている。

(11月15日22時01分)

社会(11月15日)