国内外ニュース

米、沖縄北部訓練場返還通知へ 日本側に週内

 在日米軍は15日、沖縄県の北部訓練場(東村、国頭村)を現地視察し、日本側への部分返還の条件としているヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)建設工事の完了見通しが立ったことを確認した。これを受け、年内に返還する方針を週内に日本側へ正式に通知する。日本政府関係者が明らかにした。

 日米両政府は、12月20日に返還式典を開く方向で調整に入っている。日本政府は、沖縄の基地負担軽減の実績としてアピールし、沖縄県側が反対する米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に理解を得たい考えだ。

(11月16日2時04分)

政治(11月16日)