国内外ニュース

ホテルで遺体、邦人男性か パキスタン首都近郊

 【ファイサラバード(パキスタン東部)共同】パキスタン首都イスラマバード近郊のラワルピンディのホテルで15日、日本人男性とみられる遺体が見つかった。地元警察は男性の仕事仲間とみられるパキスタン人男性が事情を知っているとみて調べている。

 地元メディアが撮影した男性の旅券によると、名前は「OTA AKIRA」で年齢は55歳、本籍は愛知県となっている。遺体はホテルの浴室で見つかり、左目の付近に殴られたような跡があった。

 警察によると、男性は11月6日にパキスタンに入国。日本から中古車を輸入する仕事に携わっていたという。

(11月16日5時31分)

国際(11月16日)