国内外ニュース

東京円、109円近辺 5カ月半ぶり円安水準

 16日午前の東京外国為替市場の円相場は続落し、1ドル=109円近辺で取引された。6月初旬以来、約5カ月半ぶりの円安水準だ。米国の追加利上げが12月に実施されるとの見方が広がり、円を売ってドルを買う動きが先行した。

 午前10時現在は、前日比90銭円安ドル高の1ドル=109円02~03銭。ユーロは60銭円安ユーロ高の1ユーロ=117円07~08銭。

 前日に発表された米国の経済指標が好調だったことから、リスクを取ろうという動きが強まり、比較的安全な資産とされる円を売る動きが加速した。

(11月16日10時25分)

経済(11月16日)