国内外ニュース

国家公務員、改正給与法が成立 公務員、3年連続引き上げ

 国家公務員の給与引き上げと配偶者手当の減額を盛り込んだ改正給与法が可決、成立した参院本会議=16日午前  国家公務員の給与引き上げと配偶者手当の減額を盛り込んだ改正給与法が可決、成立した参院本会議=16日午前
 国家公務員の給与引き上げと配偶者手当の減額を盛り込んだ改正給与法が16日、参院本会議で賛成多数により可決、成立した。2016年度の月給を平均0・17%、ボーナス(期末・勤勉手当)を0・1カ月分増やす。引き上げはいずれも3年連続。一般職の平均年間給与は5万1千円増の672万6千円となる。

 配偶者手当は配偶者の年収が130万円未満の場合に支給されるため、女性の就労を抑える要因との指摘があった。現在は月額1万3千円支給されているが、18年度に半額にする。削減分で子どもへの手当を増やし、子育てを支援する。

(11月16日10時29分)

政治(11月16日)