国内外ニュース

美浜3号機の運転延長認可 老朽原発2例目、原則骨抜き

 福井県美浜町の関西電力美浜原発3号機  福井県美浜町の関西電力美浜原発3号機
 原子力規制委員会は16日、定例会合を開き、運転開始から40年を迎える関西電力美浜原発3号機(福井県)の運転延長を認可した。老朽原発の運転延長は関電高浜1、2号機(同)に続き2例目。

 東京電力福島第1原発事故を教訓に原発の運転期間を「原則40年」と定めたルールは骨抜きにされ、運転延長が定着しつつある。

 関電は今後、約1650億円を投じて、全長約千キロの電気ケーブルを防火シートで包んだり、重大事故時の拠点となる「緊急時対策所」を設置したりする安全対策工事を行う予定。完了は2020年春ごろとしており、再稼働はそれ以降になる見通し。

(11月16日11時20分)

科学・環境(11月16日)