国内外ニュース

未発表のゴッホ画集発売 「真贋」論争も

 15日、パリで開かれた記者会見で公開されたゴッホの画集(AP=共同)  15日、パリで開かれた記者会見で公開されたゴッホの画集(AP=共同)
 【パリ共同】パリの大手出版社が15日、記者会見を開き、19世紀のオランダ生まれの画家ゴッホ(1853~90年)が晩年に描いた未発表の素描画65枚を含むスケッチ帳が見つかり、フランスや日本などで画集を発売すると発表した。オランダ・アムステルダムのゴッホ美術館は同日「贋作の可能性がある」とする声明を出した。

 出版社によると、ゴッホが晩年に暮らしたフランス南部アルルの宿屋で使われていた会計簿に、風景や身近な人々などが描かれていた。近くに住む匿名の女性の依頼で、パリの国立オルセー美術館でゴッホ展を監修した実績を持つ専門家らが約3年かけて「本物」と鑑定したという。

(11月16日11時36分)

文化・芸能(11月16日)