国内外ニュース

参院憲法審査会、9カ月ぶり再開 各党、基本認識巡り議論

 約9カ月ぶりに実質的な議論を再開した参院憲法審査会=16日午後  約9カ月ぶりに実質的な議論を再開した参院憲法審査会=16日午後
 参院憲法審査会は16日午後、約9カ月ぶりに実質的な議論を再開し、各党が「憲法に対する考え方」をテーマに自由討議した。7月の参院選の結果、安倍晋三首相の下での改憲に賛同する勢力が衆参両院で発議に必要な3分の2以上の議席を占めて以降、国会の憲法審で具体的論議が行われるのは初めて。自民党は改憲実現に向けて議論の本格化を狙うが、民進党などの野党は慎重姿勢を崩さず、隔たりは大きい。

 自民党の中川雅治氏は現行憲法の内容に多くの問題があるとして「自主的な憲法改正は国政の重要課題だ」と表明した。具体的には憲法9条で自衛隊の位置付けが不明確だと指摘した。

(11月16日14時06分)

政治(11月16日)