国内外ニュース

死海を泳いで横断、危機アピール 流入量減少で水位低下

 15日、イスラエルとヨルダンの間にある死海で泳ぐ人たち(ロイター=共同)  15日、イスラエルとヨルダンの間にある死海で泳ぐ人たち(ロイター=共同)
 【エルサレム共同】イスラエルとヨルダンの間にあり、地上で最も低い場所にある世界的に人気の観光地、死海を泳いで横断するイベントが15日に開かれた。流入する水量の減少などで水位が低下している死海の危機を広く知ってもらう狙い。

 AP通信によると、イスラエルやパレスチナ自治区、ニュージーランド、南アフリカなどから水泳選手ら約25人が参加。ヨルダン側からイスラエル側までの約15キロを約7時間かけて泳いだ。

 死海は海水よりもはるかに塩分濃度が高く、目に入ったり、誤って飲んだりすると危険なため、参加者は顔全体を覆うマスクを着用した。

(11月16日13時30分)

国際(11月16日)