国内外ニュース

明治神宮野球、明大が6度目V 単独最多、桜美林大を逆転

 桜美林大を破り6度目の優勝を決め、喜ぶ明大ナイン=神宮  桜美林大を破り6度目の優勝を決め、喜ぶ明大ナイン=神宮
 第47回明治神宮野球大会最終日は16日、神宮球場で大学の部の決勝が行われ、明大(東京六大学)が初出場の桜美林大(関東1)に5―2で逆転勝ちし、5年ぶりの優勝を決めた。6度目の制覇は単独最多。東京六大学勢が制したのも5年ぶりとなった。

 明大は0―2の五回、萩原の2点適時打などで4点を奪った。五回から救援した星が無失点と好投し、八回は自らソロ本塁打も放った。桜美林大はエース佐々木千が5回4失点と精彩を欠いた。

(11月16日16時56分)

スポーツ(11月16日)