国内外ニュース

京都と三ノ宮にホーム柵、JR西 転落防止で方針

 JR西日本は16日、京都駅(京都市)と三ノ宮駅(神戸市)でホーム柵の整備を具体化させる方針を明らかにした。視覚障害者の転落事故が相次いだのを受けた対策の一環で、記者会見した来島達夫社長は「時期は未定だが、なるべく早く整備したい」と話した。

 JR西によると、両駅では、高槻駅(大阪府高槻市)や六甲道駅(神戸市)で実用化されている「昇降式ホーム柵」を整備する予定。今後、どの乗り場に設けるかの検討を進める。

 同社は、京都、三ノ宮両駅を含め乗降人員が1日10万人を超える5府県の計14駅と、転落事案や列車との接触事案が多い西明石駅で優先してホーム柵を導入する。

(11月16日18時01分)

暮らし・話題(11月16日)