国内外ニュース

原発の延長ルール「見直さない」 「40年」形骸化指摘に規制委

 記者会見する原子力規制委員会の田中俊一委員長=16日午後、東京都港区  記者会見する原子力規制委員会の田中俊一委員長=16日午後、東京都港区
 原子力規制委員会の田中俊一委員長は16日の定例記者会見で、関西電力美浜原発3号機(福井県)の運転延長を認めたことに絡み、延長ルールの見直しは「考えていない」と述べた。東京電力福島第1原発事故後、改正原子炉等規制法は原発の運転期間を原則40年に制限したが、規制委が認めれば最長20年延長できる。関電高浜1、2号機(同)も運転延長が認可されており「40年ルール」の形骸化が指摘されている。

 美浜3号機では今後、約1650億円の安全対策費や大規模工事が必要になるため、田中委員長は「これから相当、大変だろう」と述べた。

(11月16日18時46分)

科学・環境(11月16日)