国内外ニュース

豊洲移転延期で「つなぎ融資」 東京都が支援策新設へ

 築地市場(東京都中央区)から豊洲市場(江東区)への移転延期に伴う業者の損失が拡大している問題で、東京都は16日、補償内容が固まるまでの支援策として「つなぎ融資制度」を新設する方針を明らかにした。

 中央卸売市場などの決算を審議する都議会の特別委員会で同日、村松明典市場長が「(年末年始の)資金繰りに困らないよう、つなぎ融資などの制度を早急に整備することが課題だ」と述べた。

 補償を巡って都は有識者委員会を設置。今後、業者から損失状況を聞き取り、補償内容を決める方向だが、時期のめどは立っていない。

(11月16日19時10分)

社会(11月16日)