国内外ニュース

反基地「感情的だ」削除 在沖縄米軍の新任兵研修資料

 在沖縄米海兵隊が、新任兵士向けの研修資料に米軍基地に反対する沖縄の民意を「感情的だ」「独自のレンズで見ている」などと記載し批判が出ていた問題で、これらの表現が資料から削除されたことが分かった。沖縄県が16日、県や基地関係自治体に公開された新任研修で確認した。

 海兵隊によると、在沖縄米軍トップのローレンス・ニコルソン沖縄地域調整官は「地域社会への理解を深められるように、研修内容の向上に尽力してきた」と強調し、内容を改定したことに触れた。

 海兵隊と県によると、研修はキャンプ瑞慶覧(沖縄市など)で行われ、新しく着任した軍人や軍属ら約50人が参加した。

(11月16日19時56分)

社会(11月16日)