国内外ニュース

「安保法違憲」54人提訴、福岡 地裁、集団訴訟の一環

 安全保障関連法は憲法違反で、制定により平和的生存権や人格権が侵害されたとして、福岡県の市民ら計54人が16日、安保関連法に基づく自衛隊の出動差し止めと、1人当たり10万円の損害賠償を国に求める二つの訴訟を福岡地裁に起こした。

 東京や大阪で起こされている集団訴訟の一環。

 提訴後の記者会見で、福岡市に住む原告の憲法学者石村善治さん(89)は「特攻で同級生が何人も亡くなった。生き残った者として訴訟に参加した。裁判所に憲法9条を守るという意志を示してもらいたい」と訴えた。

(11月16日20時41分)

社会(11月16日)