国内外ニュース

仏ワイン、ボージョレが解禁 天候恵まれ上出来

 フランス産ワインの新酒「ボージョレ・ヌーボー」の解禁を待つ女性たち=16日夜、東京都渋谷区  フランス産ワインの新酒「ボージョレ・ヌーボー」の解禁を待つ女性たち=16日夜、東京都渋谷区  フランス産ワインの新酒「ボージョレ・ヌーボー」が解禁され、イベント会場で乾杯する女性たち=17日午前0時、東京都渋谷区  フランス産ワインの新酒「ボージョレ・ヌーボー」が解禁され、イベント会場で乾杯する女性たち=17日午前0時、東京都渋谷区
 フランス産ワインの新酒「ボージョレ・ヌーボー」が17日午前0時に解禁された。今年は夏以降、ブドウ生産に適した天候が続き、上出来の仕上がりという。酒類大手は関連イベントなどを開き、消費拡大に力を入れる方針だ。

 フランス食品振興会によると、今年は春の天候不順でブドウの成長が遅れたものの、夏場からは夜間に気温が下がり、日中は日差しに恵まれる成熟には理想の天候となり、「エレガントで、酸味と果実味、さわやかさと味わい深さのバランスが素晴らしい」と称賛している。

 生産者でつくる団体は都内でカウントダウンイベントを開き、午前0時から一斉にボージョレを味わった。

(11月17日0時10分)

暮らし・話題(11月17日)