国内外ニュース

元慰安婦に現金支給開始 韓国財団、23人に分割で

 【ソウル共同】旧日本軍の従軍慰安婦問題で、日韓合意に基づき韓国で設立された元慰安婦支援のための「和解・癒やし財団」は16日、合意時点で存命だった元慰安婦46人のうち23人に対し、日本政府が拠出した10億円を財源とした現金支給を行ったと明らかにした。

 生存者には1人当たり約1億ウォン(約930万円)が支給されるが、女性側の要望も加味し分割で支払っており、全額の支払いが終わった人はいないという。

 韓国政府は朴槿恵大統領の親友を巡る疑惑で国政運営が難しい事態に陥っているが、財団は、政府の置かれている状況とは関係なく支給を進めると表明した。

(11月16日22時15分)

国際(11月16日)