国内外ニュース

独外相が大統領選出馬表明 「社会勇気づける存在に」

 【ベルリン共同】任期満了に伴う来年2月のドイツ大統領選の与党統一候補、シュタインマイヤー外相が16日、ベルリンで記者会見し、世界が激動の時代を迎える中で「社会を勇気づける存在にならなければならない」と出馬を表明した。

 大統領は儀礼的役割が中心で政治的権限はほとんどないが、国民の精神的支柱とされる。

 連邦議会(下院)議員と各州代表らによる連邦大会議で選出されるが、与党が過半数を占めており、シュタインマイヤー氏の次期大統領就任は確実とみられている。

(11月16日22時31分)

国際(11月16日)