国内外ニュース

錦織圭、マリーに逆転負け ATPファイナル、1勝1敗に

 シングルス1次リーグでアンディ・マリーと対戦しリターンする錦織圭=ロンドン(共同)  シングルス1次リーグでアンディ・マリーと対戦しリターンする錦織圭=ロンドン(共同)  シングルス1次リーグ アンディ・マリーと対戦しポイントを奪われ、悔しがる錦織圭=ロンドン(共同)  シングルス1次リーグ アンディ・マリーと対戦しポイントを奪われ、悔しがる錦織圭=ロンドン(共同)
 【ロンドン共同】男子テニスの年間成績上位8人による今季最終戦、ATPツアー・ファイナル第4日は16日、ロンドンで行われ、シングルスの1次リーグA組で世界ランキング5位の錦織圭(日清食品)は同1位のアンディ・マリー(英国)に7―6、4―6、4―6で逆転負けし、1勝1敗となった。A・マリーは2連勝。

 スタン・バブリンカ(スイス)はマリン・チリッチ(クロアチア)を7―6、7―6で下し、1勝1敗とした。錦織は日本時間19日午前5時以降に始まる最終戦で、チリッチに勝てば2年ぶりの準決勝進出となる。敗れた場合でもA・マリーがバブリンカに勝てば通過できる。

(11月17日9時24分)

スポーツ(11月17日)