国内外ニュース

朴氏弁護士、きょうにも対応表明 大統領聴取で、抗議は全国に

 12日、ソウル中心部で開かれた韓国の朴槿恵大統領の退陣を求める集会(共同)  12日、ソウル中心部で開かれた韓国の朴槿恵大統領の退陣を求める集会(共同)
 【ソウル共同】韓国の朴槿恵大統領の親友による国政介入疑惑で、韓国メディアは17日、朴氏の弁護人が、検察が目指している朴氏本人の事情聴取への対応方針を同日にも明らかにすると伝えた。朴氏側が聴取の先送りを図っていることに批判は強く、対応が注目される。政権への抗議行動は地方に拡大する見通しだ。

 朴氏の弁護人、柳栄夏弁護士は選任された翌日の15日、準備に時間を要するとして早期の聴取を拒否。これに対し検察側は、朴氏は「疑惑の中心にいる」として、週末に予定する朴氏の親友、崔順実容疑者の起訴に先立つ朴氏の事情聴取は不可欠としている。

(11月17日12時05分)

国際(11月17日)