国内外ニュース

偽造「銀聯カード」使い出金か 窃盗容疑で台湾籍4人逮捕

 中国で広く決済に使われる「銀聯カード」の偽造カードなどを使い、日本国内の現金自動預払機(ATM)で現金を不正に引き出したとして、警視庁組織犯罪対策特別捜査隊は17日までに、窃盗容疑などで、台湾籍の陳政憲容疑者(22)ら男4人を逮捕した。

 メガバンクを含めた多数の銀行のATMで、不正な銀聯カードで多額の現金が引き出される被害が出ており、銀行関係者によると、あるメガバンクでは今春以降、少なくとも数億円が引き出されていたという。組特隊は海外の犯罪組織が関与している可能性があるとみて、実態解明を進める。

(11月17日12時35分)

社会(11月17日)