国内外ニュース

衆院憲法審、1年5カ月ぶり再開 自民、緊急条項など例示

 約1年5カ月ぶりに実質議論を再開した衆院憲法審査会=17日午前  約1年5カ月ぶりに実質議論を再開した衆院憲法審査会=17日午前
 衆院憲法審査会は17日午前、約1年5カ月ぶりに実質的な議論を行った。自民党は、大災害時などに国会議員の任期延長を認める緊急事態条項、環境権の新設などを例示して憲法改正に向けた議論加速を呼び掛けた。これに対し民進党は、安倍晋三首相が各政党に改憲草案の提出を求めたのは越権行為だと批判し、改憲に慎重な姿勢を重ねて表明した。

 7月の参院選の結果、安倍首相の下での改憲に賛同する勢力が衆参両院で発議に必要な3分の2以上の議席を占めた後、衆院憲法審査会での論議は初めて。参院憲法審査会は16日に実質的議論を行っている。

(11月17日11時26分)

政治(11月17日)