国内外ニュース

ボルダリングの楢崎らメダル報告 五輪追加種目クライミング

 スポーツクライミングの世界選手権でメダルを獲得し、スポーツ庁の鈴木長官(左端)に報告した(同2人目から)楢崎智亜、野中生萌、野口啓代=17日午前、東京・霞が関  スポーツクライミングの世界選手権でメダルを獲得し、スポーツ庁の鈴木長官(左端)に報告した(同2人目から)楢崎智亜、野中生萌、野口啓代=17日午前、東京・霞が関
 2020年東京五輪の追加種目に決まったスポーツクライミングの世界選手権で日本選手初の優勝を果たしたボルダリング男子の楢崎智亜(栃木県連盟)や女子で2位の野中生萌(東京都連盟)、3位の野口啓代(茨城県連盟)が17日、スポーツ庁を訪れ、鈴木大地長官にメダル獲得を報告した。

 鈴木長官から五輪種目になった心境を問われ、野口は「周りの反応も変わり、メダルを取りたい気持ちも強い」と語り、野中は「まだ(五輪が)想像できない」と笑顔で述べた。訪問を終えた楢崎は「世界選手権で自信がついた。来季はワールドカップ(W杯)の全戦で優勝したい」と決意を新たにした。

(11月17日11時40分)

国際大会(11月17日)