国内外ニュース

スピード違反で無罪判決 さいたま地裁

 乗用車で走行中にスピード違反をしたとして、道交法違反の罪(速度超過)に問われた横浜市南区の男性会社員(21)に対し、さいたま地裁は17日までに「取り締まりが誤りなく行われたか確認できない」として無罪(求刑罰金6万円)を言い渡した。判決は16日付。

 男性は、埼玉県久喜市で昨年5月、最高速度が50キロと指定された県道を80キロで運転したとして在宅起訴された。公判では無罪を主張していた。

 加藤雅寛裁判官は判決理由で「警察官は取り締まり時の具体的な記憶がほとんどない」と指摘。速度測定装置に関し「誤認や判断ミスなどの誤りが生じる危険性が否定できない」と述べた。

(11月17日12時21分)

社会(11月17日)