国内外ニュース

姫路城の大天守にドローン衝突 外国人グループが操作か

 姫路城に衝突し、落下した小型無人機「ドローン」=17日(姫路城管理事務所提供)  姫路城に衝突し、落下した小型無人機「ドローン」=17日(姫路城管理事務所提供)
 17日午後0時45分ごろ、兵庫県姫路市の世界遺産の国宝姫路城で、大天守の2カ所に小型無人機「ドローン」1機が衝突し、落下した。姫路市はドローンを回収し、姫路署に連絡した。けが人はなかった。

 同署が航空法や文化財保護法違反容疑に当たる可能性があるとみて捜査。衝突する前にドローンを飛ばす準備をしていた二つの外国人グループがおり、関連を調べている。グループの行方はともに分かっていない。

 市の管理事務所によると、アジア系とみられる4人グループと、白人の約10人のグループが城内でドローンを飛ばす準備をしているのを警備スタッフが発見。注意すると機材をしまったという。

(11月17日18時55分)

社会(11月17日)