国内外ニュース

瀬戸、400個人メドレー圧勝 池江は100自で日本新

 シンクロナイズドスイミングのチーム、テクニカルルーティンで優勝した日本=東京辰巳国際水泳場  シンクロナイズドスイミングのチーム、テクニカルルーティンで優勝した日本=東京辰巳国際水泳場  女子100メートル自由形で53秒68の日本新記録をマークし、2位に入った池江璃花子。メダルを手に笑顔を見せる=東京辰巳国際水泳場  女子100メートル自由形で53秒68の日本新記録をマークし、2位に入った池江璃花子。メダルを手に笑顔を見せる=東京辰巳国際水泳場  男子400メートル個人メドレー決勝 4分10秒17で優勝した瀬戸大也の平泳ぎ=東京辰巳国際水泳場  男子400メートル個人メドレー決勝 4分10秒17で優勝した瀬戸大也の平泳ぎ=東京辰巳国際水泳場
 水泳のアジア選手権は17日、東京辰巳国際水泳場などで行われ、競泳男子400メートル個人メドレーはリオデジャネイロ五輪銅メダルの瀬戸大也が4分10秒17で圧勝した。女子100メートル自由形はリオ五輪代表の16歳、池江璃花子が自身の日本記録を0秒01更新する53秒68で2位に入った。

 男子50メートル平泳ぎは小関也朱篤が27秒62で制し、同100メートルバタフライは坂井聖人と川本武史が52秒77で同着の2位。

 シンクロナイズドスイミングはチームのテクニカルルーティン(TR)決勝で日本(阿久津、福村、林、河野、丸茂、中牧、田崎、山崎)が90・8705点で優勝。

(11月17日20時51分)

国際大会(11月17日)