国内外ニュース

証拠「大麻」トイレに流す、福岡 「どうせ犯人判明しない」

 福岡県警は17日、証拠品の大麻のような植物片を捜査せずにトイレに流して捨てたとして、証拠隠滅などの疑いで、行橋署の男性警部補(38)を書類送検した。また同日、警部補を停職1カ月、当時の上司だった中央署の男性警部(55)も戒告の懲戒処分にした。警部補は「どうせ犯人は判明しない。処理が面倒だった」と供述している。

 送検容疑は、田川署勤務だった1月、同県田川市の化粧品販売店の敷地で押収した、ポリ袋に入った大麻のような植物片を調べずに、署のトイレに流して廃棄した疑い。

 県警によると、店の従業員から「変なものが落ちている」と通報があり、警部補が出向いた。

(11月17日17時56分)

社会(11月17日)