国内外ニュース

パナソニックがメガホン型翻訳機 英中韓3カ国語、12月から

 パナソニックが提供するサービスで使われる、メガホン型の自動翻訳機「メガホンヤク」=17日  パナソニックが提供するサービスで使われる、メガホン型の自動翻訳機「メガホンヤク」=17日
 パナソニックは17日、英語、中国語、韓国語に対応するメガホン型の自動翻訳機「メガホンヤク」の提供サービスを、12月20日に始めると発表した。企業や団体との法人契約で、駅や空港、観光地などでの使用を想定。訪日外国人の増加で高まる翻訳需要を取り込み、2018年度に1万台の契約獲得を目指す。

 翻訳機は「電車が遅れています」「足元に気を付けてください」など誘導や案内用の約300の定型文を内蔵した。利用者が日本語で音声入力すると、瞬時に翻訳。スピーカーから日本語を含む4カ国語で再生する。

 サービスはメンテナンスも含め3年契約で、支払い価格は月額1万円台後半を想定。

(11月17日18時21分)

経済(11月17日)