国内外ニュース

カザフ3選手のメダル剥奪 北京五輪、ドーピング違反で

 カザフスタン・オリンピック委員会は17日、2008年北京五輪の重量挙げ女子銀、銅メダルのイリーナ・ネクラソワ、マリア・グラボベツカヤとレスリング男子銅のアセト・マンベトフがドーピング違反のため、メダルを剥奪されたと発表した。当時の検体を再検査し、違反が発覚した。(アスタナAP=共同)

(11月17日19時36分)

国際大会(11月17日)