国内外ニュース

稲田防衛相、18日に派遣命令 陸自部隊に新任務付与

 稲田朋美防衛相  稲田朋美防衛相
 稲田朋美防衛相は18日、南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に交代要員として派遣する陸上自衛隊部隊に、派遣に際しての命令を出す。安全保障関連法に基づく駆け付け警護と「宿営地の共同防衛」の実施が可能となる。同法による初めての新任務付与。部隊は約350人で今月20日から順次、南スーダンに向け出発。態勢が整う12月12日から事態が起きれば遂行する。

 新たな任務が与えられるのは、陸自第9師団第5普通科連隊(青森市)が中心となる部隊で、現在派遣中の10次隊との引き継ぎを終えた後、11次隊として任務に就く。隊長は田中仁朗1等陸佐が務める。

(11月17日19時56分)

政治(11月17日)