国内外ニュース

耐久走行試験の再開延期へ 九州新幹線に導入予定のFGT

 九州新幹線長崎ルートに導入予定のフリーゲージトレイン(軌間可変電車、FGT)について、国土交通省が年度内を目指していた耐久走行試験の再開を延期する方向で調整していることが17日、分かった。2年前の試験中断を受け車両を改良していたが、部品の摩耗など新たな不具合が発生。引き続き技術面の検証が必要な上、コスト面の課題も解決していないためだ。北陸新幹線への導入構想に影響が出る可能性もある。

 2014年10月に始まった耐久走行試験は、直後に車軸付近にひびや摩耗が見つかり中断。その後、車軸付近の部品を改良し、試験に耐えられるかどうかを室内試験で検証していた。

(11月18日2時06分)

暮らし・話題(11月18日)