国内外ニュース

防衛相、駆け付け警護付与を命令 陸自の南スーダンPKO

 記者会見する稲田防衛相=18日午前、防衛省  記者会見する稲田防衛相=18日午前、防衛省
 稲田朋美防衛相は18日、南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣する陸上自衛隊部隊に安全保障関連法に基づく新たな任務の「駆け付け警護」と「宿営地の共同防衛」を付与する命令を出した。新任務を担う部隊は20日以降、順次現地へ向かう。来月12日から新任務遂行を適用する。現地の情勢は流動的で、隊員が戦闘に巻き込まれるリスクが高まるのは避けられそうにない。

 稲田氏は18日の記者会見で、首都ジュバの治安情勢について「現在、比較的落ち着いているが、楽観できる状況ではなく、しっかり見ていく必要がある」と述べた。

(11月18日11時46分)

政治(11月18日)