国内外ニュース

「すみだ北斎美術館」を公開 22日から絵巻物など展示

 公開された「隅田川両岸景色図巻」=18日午後、東京都墨田区のすみだ北斎美術館  公開された「隅田川両岸景色図巻」=18日午後、東京都墨田区のすみだ北斎美術館
 江戸時代後期の浮世絵師、葛飾北斎の作品を集めた「すみだ北斎美術館」(東京都墨田区)が22日にオープンするのを前に18日、報道陣に公開された。

 同館は北斎がかつて暮らした地域にあり、墨田区が運営。開館に合わせて始まる「北斎の帰還」展では、海外に流出し、近年まで100年余り所在が分からなくなっていた北斎による肉筆画の絵巻物「隅田川両岸景色図巻」などを展示する。

 区は、この肉筆画のほか、錦絵と呼ばれる多色刷りの版画など、主に北斎の浮世絵を収集。富士山を斬新な構図で描いた錦絵の連作「富嶽三十六景」や、森羅万象をスケッチした絵手本「北斎漫画」などを所蔵する。

(11月18日17時00分)

文化・芸能(11月18日)