国内外ニュース

東京五輪の福島開催に協力姿勢 世界野球ソフト連盟会長

 会談前に握手を交わす世界野球ソフトボール連盟のフラッカリ会長(左)と森喜朗氏。右は遠藤利明氏=18日午後、東京都港区  会談前に握手を交わす世界野球ソフトボール連盟のフラッカリ会長(左)と森喜朗氏。右は遠藤利明氏=18日午後、東京都港区
 2020年東京五輪の追加種目、野球・ソフトボールの一部試合の福島県開催に向け、世界野球ソフトボール連盟(WBSC)のフラッカリ会長が18日、大会組織委員会の森喜朗会長と東京都内で会談し「日本の国民的スポーツ。最高の大会にしたい」と協力姿勢を示した。フラッカリ会長は19日に会場候補で最有力の県営あづま球場(福島市)と、開成山球場(郡山市)を視察する。

 組織委は野球とソフトボールの1次リーグの日本戦各1試合を同県で開催する方向で検討しており、WBSCや自治体との調整を経て12月上旬の国際オリンピック委員会(IOC)理事会で承認を目指す。

(11月18日17時35分)

国際大会(11月18日)