国内外ニュース

関学高アメフット部員死亡 3年生徒、試合中に倒れ

 学校法人関西学院は18日、大阪府で13日にあった全国高等学校アメリカンフットボール選手権大会の試合中に倒れ、治療を受けていた高等部(兵庫県西宮市)3年の武内彰吾さん(18)が17日に死亡したと明らかにした。

 記者会見したアメフット部の監督中尾昌治教諭(51)によると、武内さんは相手の守備をブロックして味方選手の走路を確保する役割で、試合後半、正面から相手選手と衝突し転倒。その後、意識不明となり17日午後、搬送先の病院で急性硬膜下血腫により死亡した。

 武内さんは11日と13日の試合前に頭痛を訴えたが、チームドクターらと相談して問題はないと判断、試合に出た。

(11月18日21時31分)

社会(11月18日)