国内外ニュース

米軍機訓練で馬毛島買収へ 政府、オスプレイ活用検討

 鹿児島・馬毛島  鹿児島・馬毛島
 政府は、米軍空母艦載機による陸上空母離着陸訓練(FCLP)の移転候補地となっている無人島の馬毛島(鹿児島県西之表市)について、地権者から買収する方向で調整に入った。政府関係者が18日、明らかにした。沖縄の基地負担軽減策として、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)に配備中の新型輸送機オスプレイの訓練移転先としての活用も検討している。

 防衛省は18日、買収に向けた手続きの一環として、馬毛島の土地に関する鑑定評価業務の一般競争入札を公告。来年3月末までに結果を得て、実際の買収額を確定させたい意向だ。数十億円に上るとの見方が出ている。

(11月18日20時56分)

政治(11月18日)