国内外ニュース

米安保補佐官にフリン氏 CIA長官に強硬派

 トランプタワーで報道陣と話すフリン氏=17日、ニューヨーク(AP=共同)  トランプタワーで報道陣と話すフリン氏=17日、ニューヨーク(AP=共同)
 【ワシントン共同】トランプ次期米大統領は18日、大統領補佐官(国家安全保障問題担当)にフリン元国防情報局長、司法長官に共和党のセッションズ上院議員、中央情報局(CIA)長官にポンペオ同党下院議員をそれぞれ起用すると発表した。

 3氏とも強硬派として知られ、トランプ政権の移民対策やイラン核問題の対応などに影響がありそうだ。今後の人事の焦点は国務長官、国防長官に移る。

 セッションズ氏は選挙戦序盤からトランプ氏支持を打ち出しており、論功行賞の色合いが濃い。ポンペオ氏はイランとの核合意を厳しく批判している。

(11月19日1時00分)

国際(11月19日)