国内外ニュース

大リーグが出場枠拡大か 労使協定改定で議論

 【ニューヨーク共同】米大リーグの出場選手登録枠を来季から1人増やして26人にすることが検討されていると、FOXスポーツ電子版が18日までに報じた。労使協定の改定に伴い、選手会とオーナー側が議論しているという。

 現行の規則はレギュラーシーズン開幕から8月までが出場枠25人で、9月以降は40人まで増やせる。9月の拡大枠を28人程度に抑える代わりに、8月までの枠を26人にする案が話し合われているという。これまでシーズン終盤にベンチ入りの救援投手が増え、試合時間が長引く問題点が指摘されていた。

 先発投手5人制が6人制になる可能性もあり、今後の決定が注目される。

(11月19日10時26分)

MLB(11月19日)