国内外ニュース

稲田防衛相「新たな一歩」 南スーダンPKOで訓示

 南スーダンのPKOに派遣される陸上自衛隊11次隊の壮行会で、訓示する稲田防衛相(手前)=19日午前、青森市の青森駐屯地  南スーダンのPKOに派遣される陸上自衛隊11次隊の壮行会で、訓示する稲田防衛相(手前)=19日午前、青森市の青森駐屯地
 南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣され、安全保障関連法に基づく新任務「駆け付け警護」と「宿営地の共同防衛」に対応する陸上自衛隊11次隊の壮行会が19日、青森市の青森駐屯地で開かれ、稲田朋美防衛相は「自衛隊の国際平和協力の歴史の中で、新たな一歩となる」と述べた。

 新任務に関しては「万一の備えとして必要な任務と権限を与え、十分な訓練を行った上で現地に赴く。現地の邦人にとっても部隊にとっても、リスクを低減することにつながる」と強調した。しかし、現地の情勢は依然不安定なままだ。

 会には防衛省制服組トップの河野克俊統合幕僚長、岡部俊哉陸幕長も出席した。

(11月19日11時54分)

社会(11月19日)